PR

ニュース 政治

【森友文書】攻勢強める野党「麻生氏のクビくらい取ることできなければ見放される」

Messenger

 強気の背景にあるのは、文書書き換え問題に対する世論の猛批判だ。野党内には「内閣総辞職に値する」(共産党の小池晃書記局長)との声すらある。

 とはいえ、現時点で政府・与党側は麻生氏辞任はおろか、佐川氏喚問の要求にも応じる気配はない。「歴史上の汚点ともいうべき深刻な事態」(玉木氏)に際し、せっかくの見せ場で政権側に要求をのませられなかったとなれば、野党の存在感はさらに地に落ちる。

 「ここで麻生氏のクビくらい取ることができなければ、政権に批判的な層からさえも野党は見放される」

 旧民主党閣僚経験者が口にしたこんな危機感が、野党の現状を表している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ