PR

ニュース 政治

自民群馬県議団研修会で元陸将の福山隆氏が講演 「北に何度だまされたか」「一度つかんだ核やミサイルを手放すことはあり得ない」

自民党県連の研修で講演する元陸将の福山隆氏=7日、前橋市内(久保まりな撮影)
Messenger

 元陸将の福山隆氏が7日、前橋市内で行われた自民党県連の県議団研修会で、「朝鮮半島の地政学」と題して講演した。

 福山氏は、韓国と4月末の首脳会談の開催で合意するなど対話の姿勢を見せている北朝鮮について、「これまで(北に)何度だまされてきたか。北は独裁国家で、簡単じゃない」と指摘。北は当面、時間稼ぎで米国がレームダック(死に体)になるまで待つとし、「一度つかんだ核やミサイルを手放すことはあり得ないだろう」と述べた。

 また、中国が台頭し、米国が凋落(ちょうらく)するといった構図が続けば、「朝鮮半島は中国の支配下になり、日本の国防第一線が五島列島まで来る」と分析。日本の立場を「米中露の谷間に咲くひ弱な山桜」と表現し、米中露の関係を見極め、国策を考える必要があるとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ