PR

ニュース 政治

女性初の護衛隊司令着任 東良子1等海佐「職責に集中」

報道陣の取材に応じる東良子1等海佐。後方は海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」=6日午前、横浜市磯子区
Messenger

 女性で初めて海上自衛隊の護衛隊司令となる東良子1等海佐(44)=金沢市出身=が6日、横須賀基地(神奈川県横須賀市)の第1護衛隊司令に着任した。横浜市磯子区の工場で修理している同隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」を前に、報道陣の取材に「非常に身の引き締まる思い。与えられた職責に集中していく」と述べた。 いずも艦内であった着任式では乗組員らに訓示した。第1護衛隊司令は、いずもを含め計4隻の護衛艦、約千人の隊員を指揮下に置く。

 東1佐は平成8年に女性1期生として防衛大学校を卒業。女性として初めて練習艦「せとゆき」の艦長となり、海上幕僚監部での勤務経験もある。

 海自では平成18年2月に当時2等海佐だった大谷三穂1佐が女性初の現役護衛艦の艦長となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ