産経ニュース

【歴史戦】政府「ゴールを反対に動かした」 文在寅韓国大統領の「慰安婦問題未解決」発言に抗議 菅義偉官房長官「受け入れられぬ」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【歴史戦】
政府「ゴールを反対に動かした」 文在寅韓国大統領の「慰安婦問題未解決」発言に抗議 菅義偉官房長官「受け入れられぬ」

菅義偉官房長官=1日午後、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影) 菅義偉官房長官=1日午後、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

 政府は1日、韓国独立運動記念式典での文在寅大統領の慰安婦問題と竹島に関する発言に対し、外交ルートで韓国政府に強く抗議した。文氏は2月9日の韓国・平昌での安倍晋三首相との会談で、慰安婦問題に関する日韓合意について再交渉しないことなどを明言していただけに、政府高官は「言ったことと違う。ゴールを全く反対側に動かした」と憤っている。

 菅義偉官房長官は1日の記者会見で、文氏が「加害者である日本政府が『終わった』と言ってはならない」と発言したことに関し「日韓合意に反するものであり、全く受け入れられず極めて遺憾だ」と述べた。

 また、「それぞれの国の最高首脳が合意して、米国をはじめ海外においても高く評価された」と強調。韓国出身の前国連事務総長、潘基文氏からも日韓合意発表時に支持を得たことを強調した。

 文氏が竹島の領有権について言及したことには、日本政府が平和的解決を目指して昭和29年、37年、平成24年の3度にわたって韓国政府に国際司法裁判所(ICJ)への付託を提案してきたことを説明し、「韓国はわが国の提案に応じていない」と批判した。菅氏がICJ付託について詳細に説明するのは珍しく、「問題解決に応じないのはどっちなんだ」(外務省筋)との思いが強くにじんだ。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング