産経ニュース

江崎鉄磨沖北相が辞任、後任に同じ二階派の福井照氏 健康問題で公務困難

ニュース 政治

記事詳細

更新


江崎鉄磨沖北相が辞任、後任に同じ二階派の福井照氏 健康問題で公務困難

前沖縄北方相の江崎鉄磨氏 前沖縄北方相の江崎鉄磨氏

 安倍晋三首相は27日、健康問題で公務を続けることが難しいとして江崎鉄磨沖縄北方担当相(74)からの辞任の申し出を受理し、後任に自民党の福井照・元文部科学副大臣(64)=衆院比例四国=を起用した。福井氏の認証式は同日夕、皇居で行われた。平成24年12月の第2次安倍政権発足以降、閣僚の辞任は7人目で、29年7月に稲田朋美氏が防衛相を辞めて以来。

 福井氏は東大工学部卒、建設省出身で当選7回。今回が初入閣となる。江崎氏と同じ自民党二階派に所属している。

 安倍首相は官邸で記者団に対し、江崎氏から27日に辞意を伝える電話を受け「江崎氏の意思を尊重することとした」と説明した。福井氏については「政策通だ。沖縄北方対策を強力に進めていく上で適任だと判断した」と述べた。

 江崎氏は、19日夜に軽い脳梗塞の疑いで東京都内の病院に検査入院し、一時的に脳の血液循環に障害が起こる「一過性脳虚血発作」と診断された。24日に退院したものの26日に再入院していた。国会答弁について「しっかりお役所の原稿を読む」と語って批判を浴びるなど、野党から資質を問われたこともあった。

このニュースの写真

  • 江崎鉄磨沖北相が辞任、後任に同じ二階派の福井照氏 健康問題で公務困難

「ニュース」のランキング