産経ニュース

9条改憲で伊吹文明元議長「国民投票に耐える案を」

ニュース 政治

記事詳細

更新


9条改憲で伊吹文明元議長「国民投票に耐える案を」

伊吹文明元衆院議長 伊吹文明元衆院議長

 自民党の伊吹文明元衆院議長は22日の二階派会合で、自衛隊の存在を明記する憲法9条改正について、国民投票で賛成が得られる案を選択すべきだとして、安倍晋三首相(党総裁)の改憲案を支持する姿勢をにじませた。「国民投票に耐えられるかという観点を失うと危ない」と述べた。

 国民投票で承認されなかった場合に関し「責任は実質的に最大与党の総裁にある。失敗したら責任を取らないといけない非常に重いものだ」と語り、首相辞任につながるとの見方も示した。

 党内では、9条2項を維持する首相の案と、2項の戦力不保持などを削除する石破茂元幹事長の案が対立している。伊吹氏は「石破案の方が法理的には正しい」としつつ「政治家がやるべきは現実にいかに軟着陸させるかだ。理論的に正しいことは人間社会ではほとんど正しくないとわきまえてほしい」と強調した。

「ニュース」のランキング