産経ニュース

チベット亡命政府首相が中国当局の抑圧を訴え 「具体的な行動を」と支援要請

ニュース 政治

記事詳細

更新


チベット亡命政府首相が中国当局の抑圧を訴え 「具体的な行動を」と支援要請

講演するチベット亡命政府のロブサン・センゲ首相=20日、衆院第1議員会館(原川貴郎撮影) 講演するチベット亡命政府のロブサン・センゲ首相=20日、衆院第1議員会館(原川貴郎撮影)

 インド北部ダラムサラに拠点を置くチベット亡命政府のロブサン・センゲ首相は20日、国会内で講演し、中国四川省のチベット族自治州での僧院破壊など、当局による抑圧の状況を紹介し「具体的に何か行動を起こしてくれることを願っている」と述べ、出席者に行動を通じた支援を求めた。

 センゲ氏は、超党派の日本チベット国会議員連盟(下村博文会長)の会合に招かれた。

 センゲ氏は、南アフリカの大学で講演した際に中国側の妨害工作があったと紹介した。また、中国の影響力が増大して諸外国で学問の自由が脅かされているとして「日本でそうしたことが起きてほしくないとの思いで来日した」と訴えた。

 会合では、下村氏が昨年10月の衆院選後、議連の会員が86人から90人超に増えたことを報告した。ジャーナリストの櫻井よしこ氏も出席した。

「ニュース」のランキング