産経ニュース

【普天間移設】防衛省が名護市長に現状説明へ 23日に幹部を派遣

ニュース 政治

記事詳細

更新

【普天間移設】
防衛省が名護市長に現状説明へ 23日に幹部を派遣

沖縄県名護市の渡具知武豊市長 沖縄県名護市の渡具知武豊市長

 防衛省は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、23日に幹部を同市に派遣し、渡具知武豊市長に工事の現状を説明する。関係者が20日、明らかにした。渡具知氏は4日の市長選に与党などの推薦で初当選したが、選挙戦で移設の是非を明言していない。同省は推進に理解を得たい考えだ。

 移設担当の審議官級職員が訪れる。防衛省は移設反対派の前市長時代に中止していた米軍再編交付金の再開を検討しているが、関係者は「今回の面会では積極的に取り上げない」としている。

 小野寺五典防衛相は20日の記者会見で「市長に事務方から説明する機会を得たい」と述べた。

関連ニュース

「ニュース」のランキング