産経ニュース

自民、改憲条文案募集締め切り 石破茂氏らが提出 2項削除や「自衛権」明記

ニュース 政治

記事詳細

更新


自民、改憲条文案募集締め切り 石破茂氏らが提出 2項削除や「自衛権」明記

自民党の石破茂衆院議員(納冨康撮影) 自民党の石破茂衆院議員(納冨康撮影)

 自民党憲法改正推進本部(細田博之本部長)は19日、9条など改憲対象の4項目に関して所属国会議員に求めていた条文案の募集を締め切り、石破茂元幹事長らが応じた。執行部は精査した上で3月25日の党大会を目標に改憲案のまとめ作業を加速する考えだ。

 党内では、戦力不保持を定義した9条2項の削除をめぐって意見が対立し、7日の推進本部全体会合で細田氏が所属議員らに条文案提出を呼びかけた。条文案は、安倍晋三首相(党総裁)が昨年5月に提案した9条1、2項を維持し、自衛隊を明記する案が多数を占めたもようだ。

 石破氏は9条2項を削除して「陸海空自衛隊を保持する」と明記し、自衛隊への国会による統制や、捕虜の扱いなど自衛隊員が国際法上認められる権利を重視した内容の案を提出した。「自衛隊」「自衛権」の明記を主張する衛藤征士郎元防衛庁長官ら2項削除を求める他の議員も条文案を提出した。

 9条1、2項を維持しつつ、首相が提案した自衛隊ではなく「自衛権」を明記する青山繁晴参院議員らの案や、内閣の構成などを定めた66条に自衛隊を明記する改憲案も出された。

「ニュース」のランキング