産経ニュース

希望の党議員のHPに「民進党」バナーの怪!?

ニュース 政治

記事詳細

更新


希望の党議員のHPに「民進党」バナーの怪!?

「希望の党」の党名とともに掲載された民進党のバナー(下条みつ衆院議員のホームページから) 「希望の党」の党名とともに掲載された民進党のバナー(下条みつ衆院議員のホームページから)

 昨年10月の衆院選前に民進党から希望の党へ合流した渡辺周元防衛副大臣と津村啓介、下条みつ両衆院議員が公式ホームページ(HP)で、クリックすると民進党のHPが表示されるバナーを掲載し続けている。

 3人のHPは、トップページの上部に「希望の党」の表記があり、下部にはそれぞれの地元の民進党県連のバナーが掲載されている。下条氏のHPには民進党本部のバナーもある。一方で、希望のバナーを載せているのは津村氏だけだ。

 渡辺氏の事務所は「地元の静岡に希望の党県連がない。民進党静岡県連の地方議員は仲間だと認識している」と話す。希望は、16日に発足した愛知県連など6府県でしか都道府県連を有しておらず、国会議員の系列の地方議員が民進党に所属しているケースが多い。

 津村氏の事務所は「バナー更新にはお金がかかる。不都合があれば直す」、下条氏の事務所は「更新に手が回らなかった」と説明している。

 立憲民主党の佐々木隆博副代表のHPにも、立憲民主、民進両党のバナーが表示されている。佐々木氏の事務所は「意図的に残しているのではない。4月までに変える」と話している。

「ニュース」のランキング