産経ニュース

民進系議員、さながら「同窓会」も再結集の展望開けず 連合傘下産別で分かれる支持政党、参院選「股裂き」現実味

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進系議員、さながら「同窓会」も再結集の展望開けず 連合傘下産別で分かれる支持政党、参院選「股裂き」現実味

連合政策・制度推進フォーラム設立総会に臨む民進党の大塚耕平代表(右から2人目)、立憲民主党の枝野幸男代表(左奥)ら=16日午後、東京・永田町の憲政記念館(斎藤良雄撮影) 連合政策・制度推進フォーラム設立総会に臨む民進党の大塚耕平代表(右から2人目)、立憲民主党の枝野幸男代表(左奥)ら=16日午後、東京・永田町の憲政記念館(斎藤良雄撮影)

 支持政党の分裂という難局に直面した連合が16日、「民進党再結集」に向けた超党派の政策勉強会を設立した。とはいえ、明るい材料は乏しい。傘下の産別の間では、政党支持で足並みの乱れが早くも顕在化している。政党側も先の衆院選で競合したことの遺恨が根強く、合流に向けた展望は開けていない。

 16日の「連合政策・制度推進フォーラム」設立総会は、民進党分裂に伴って離散した議員の「同窓会」のような空気に包まれた。

 「田舎の法事のような温かい雰囲気といいますか、親戚の皆さん方が集まってワイワイ、ガヤガヤやっているような…」

 連合の神津里季生会長がこんな感慨を口にすると、出席者からどっと笑いが起きた。

 ただ、なごやかな総会のムードとは裏腹に、連合が望む再結集の道筋は全く見えていないのが実相だ。民進党と希望の党の統一会派結成構想は、希望の党が衆院選の際に打ち出した「排除」路線のしこりが災いし土壇場で交渉が決裂した。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング