産経ニュース

連合支援国会議員約150人、政策勉強会スタート 神津会長、分裂「不本意な事態」と民進、立民、希望に連携呼びかけ

ニュース 政治

記事詳細

更新


連合支援国会議員約150人、政策勉強会スタート 神津会長、分裂「不本意な事態」と民進、立民、希望に連携呼びかけ

連合政策・制度推進フォーラム設立総会で挨拶する連合の神津里季生会長=16日午後、東京・永田町の憲政記念館(斎藤良雄撮影) 連合政策・制度推進フォーラム設立総会で挨拶する連合の神津里季生会長=16日午後、東京・永田町の憲政記念館(斎藤良雄撮影)

 連合は16日、支援する国会議員による超党派政策勉強会「連合政策・制度推進フォーラム」の設立総会を東京・永田町の憲政記念館で開いた。昨年の衆院選前に分裂した民進党と立憲民主党、希望の党の連携を後押しし、来年の参院選や統一地方選に向けた民進党系勢力の再結集を図る。

 フォーラムには、選挙で連合の支援を受けた民進、立憲民主、希望、自由、社民各党などの国会議員約150人が加入した。総会には立憲民主党の枝野幸男代表や民進党の大塚耕平代表ら約100人が出席した。

 連合の神津里季生会長は、民進党分裂を「不本意な事態」と総括した上で「閉塞感をここで断ち切りたい」と強調し、分裂した3党に連携を促した。「労働組合にとって一丁目一番地の働き方改革など、さまざまな政策分野でフォーラムの枠組みを活用する」とも訴えた。

関連ニュース

「ニュース」のランキング