PR

ニュース 政治

杉山晋輔駐米大使、インタビュー詳報「非常に良好な日米同盟関係を維持していく」「中国に言うべきことは言う」

Messenger

 「それぞれが、米中だって貿易は多いし、日中だって経済的にお互いがいなくてよいという関係ではない。もちろん米中関係、日中関係、地政学的にも歴史的にも、社会文化的にもいろいろ違いはあるけれど、似た関係になっているところもある。「その中で、日米でよく意思疎通を図りながら、中国をよりよく国際社会の中に、エンゲージ、日本語に訳すと『関与』だが、関与はいかにも上から目線的であまりいい感じがしないが、一緒になって、よりよい国際社会の発展、繁栄に協力していきたい。そういう意味だ」

 「ただ、それを申し上げた上で、中国の発展は、われわれにとって大きなチャンス、機会ではあるが、中国の軍事費は過去29年間で約49倍の伸びを示している。2017年の中国の国防予算は、日本の防衛関係予算の約3.6倍。それも必ずしも透明ではない形でこれだけ大きな伸びを示している」

 「東シナ海、南シナ海の問題などが全部解決されているとは、到底言えない状況であるのも事実で、そういうことを念頭に置いて、中国に対しては日本として言うべきことを言わないといけない。また、米国も違った観点かもしれないが、基本的には日本と考え方は非常に近いと思う。そういう形で、ワシントンに行って、米国との意思疎通をする役目を負っていると自覚している」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ