PR

ニュース 政治

武装工作員を制圧せよ! 陸自と茨城県警が治安出動訓練

治安出動訓練の開始式で整列する陸上自衛隊施設教導隊(手前)と茨城県警機動隊(奥)=15日午後、同県ひたちなか市東石川(丸山将撮影)
Messenger

 強力な武器で武装した外国工作員が侵入し、首相が自衛隊に治安出動命令を出した-との想定で、陸上自衛隊と茨城県警が15日、ひたちなか市東石川の陸自勝田小演習場や周辺で共同訓練を行った。

 訓練には陸自施設教導隊と県警機動隊の計約80人が参加。自衛隊車両を県警の白バイが先導する緊急輸送訓練などを実施した。自衛隊と県警が共同で検問を実施する手順も確認した。

 訓練では、県警の川上和夫警備部長が「わが国へのテロの脅威は現実のものとなっている。緊急事態への対処能力向上に努めてほしい」と述べ、陸自施設学校の永井克征総務部長は「県内では国体や五輪の開催を控えている。さらに連携を深めていきたい」と語った。

 自衛隊への治安出動命令は、自衛隊法に基づいて、警察力で治安を維持することができない場合に適用されるが、これまで一度も出されたことはない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ