PR

ニュース 政治

公明、地位協定で検討チーム 米軍機トラブル踏まえ

公明党の井上義久幹事長(斎藤良雄撮影)
Messenger

 公明党の井上義久幹事長は15日の中央幹事会で、日米地位協定検討ワーキングチームを党内に設置すると報告した。沖縄県での米兵による事件や、相次ぐ米軍機トラブルを踏まえ、地位協定の運用改善ができるかどうかなどを検証する。北側一雄中央幹事会会長は記者会見で「県民の基地負担は重く、事故も起きている。地位協定のあり方を基本から検討していく」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ