産経ニュース

【自衛隊ヘリ墜落】墜落ヘリから遺体発見 行方不明の操縦士か 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自衛隊ヘリ墜落】
墜落ヘリから遺体発見 行方不明の操縦士か 

陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリの機体の一部(左上)が残る墜落現場を調べる自衛隊員ら=6日午前9時52分、佐賀県神埼市(共同通信社ヘリから) 陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリの機体の一部(左上)が残る墜落現場を調べる自衛隊員ら=6日午前9時52分、佐賀県神埼市(共同通信社ヘリから)

 陸上自衛隊は6日、佐賀県神埼市で5日に墜落した陸自西部方面航空隊所属のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故現場周辺で、遺体の一部を発見したと発表した。行方が分からなくなっている操縦士の斉藤謙一2等陸佐(43)とみて確認を急いでいる。

 陸自によると、遺体が発見されたのは6日午前8時6分。佐賀県警と陸自が同日7時35分から行方不明者捜索と現場検証を行ったところ、AH64の機体の真下から遺体が見つかったという。

関連ニュース

「ニュース」のランキング