産経ニュース

石破派、総裁選にらみ全国行脚を開始 生命線の地方票を掘り起こし

ニュース 政治

記事詳細

更新


石破派、総裁選にらみ全国行脚を開始 生命線の地方票を掘り起こし

自身が率いる派閥「水月会」のセミナーで講演する自民党の石破茂元幹事長=5日午後、大阪市中央区(大島悠亮撮影) 自身が率いる派閥「水月会」のセミナーで講演する自民党の石破茂元幹事長=5日午後、大阪市中央区(大島悠亮撮影)

 一方、石破氏は前回出馬した平成24年の総裁選で地方票を165票獲得。87票だった首相にダブルスコアをつけた。石破氏は県議レベルの講演会まで各地を細かく回っており、地方に点在する「石破票」の多さには定評がある。石破氏側近は「やれることは全部やる。俺たちはチャレンジャーだから」と語る。

 ただ、首相は24年末の第2次政権発足以降、国政選挙で5連勝した実績もあり、党内では「石破氏が前回と同様に地方票を集めるのは難しい」(閣僚経験者)との声も強い。石破氏はいち早く全国行脚を始めることで、地方人気を起爆剤に形勢逆転を目指す考えだ。(大島悠亮)

「ニュース」のランキング