産経ニュース

【衆院予算委】安倍晋三首相「自衛隊の任務・権限に変更なし」 自衛隊明記の9条改憲提案を説明

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院予算委】
安倍晋三首相「自衛隊の任務・権限に変更なし」 自衛隊明記の9条改憲提案を説明

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=5日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=5日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は5日の衆院予算委員会で、憲法9条の1、2項を変えずに自衛隊を明記する自らの改憲提案について「自衛隊の任務や権限に変更が生じることはない」と述べた。その上で「自衛隊が合憲であることは明確な一貫した政府の立場だ」と強調し、改憲案が国民投票で否定された場合も自衛隊の合憲性は「変わらない」との認識も示した。

 自衛隊の存在を憲法に明記する意義や必要性については「命を賭して任務を遂行している者の正当性を明文化し明確化することは、国の安全の根幹に関わる」と説明し、「これは憲法改正の十分な理由になると考えている」と述べた。

 選択的夫婦別姓制度の導入をめぐっては「わが国の家族の在り方に深く関わるものだ。国民の間にさまざまな意見があることから、国民的な議論の動向を踏まえながら慎重に対応する必要がある」との考えを示した。

「ニュース」のランキング