産経ニュース

【名護市長選】維新・馬場幹事長「多数の民意を得たことは喜ばしい。わが党は沖縄の基地負担軽減を進める」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【名護市長選】
維新・馬場幹事長「多数の民意を得たことは喜ばしい。わが党は沖縄の基地負担軽減を進める」

日本維新の会の馬場伸幸幹事長(斎藤良雄撮影) 日本維新の会の馬場伸幸幹事長(斎藤良雄撮影)

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は4日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設が争点となった名護市長選で、無所属新人の渡具知武豊氏=自民、公明、維新推薦=が初当選したことを受け、「(推薦した渡具知氏が)多数の民意を得たことは喜ばしい。地域の活性化と振興に向けて頑張ってほしい」との談話を出した。

 また、馬場氏は沖縄の基地問題に関し「日本の安全保障をいかに守り、高めるかという国政マターの課題だ。わが党は長年過剰な負担を強いられている沖縄の方々の基地負担軽減に向けた取り組みを進めていきたい」と強調した。

関連ニュース

「ニュース」のランキング