産経ニュース

【衆院予算委】安倍晋三首相 自衛隊の憲法明記を改めて主張 「党の考え方にはなっていない」とも付言

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院予算委】
安倍晋三首相 自衛隊の憲法明記を改めて主張 「党の考え方にはなっていない」とも付言

衆院予算委で答弁する安倍首相=30日午前 衆院予算委で答弁する安倍首相=30日午前

 安倍晋三首相は30日午前の衆院予算委員会で、自民党の憲法改正論議をめぐり、「ここには内閣総理大臣として立っており、自民党の議論について説明する立場にはないが、日本の平和と安全を担っている自衛隊の存在自体をしっかりと憲法に明記すべきであろうと考えている」と述べた。戦力不保持などを定めた9条2項を維持し、自衛隊を明記すべきだとの考えを改めて示した発言で、無所属の会の原口一博氏への答弁。

 自民党には、9条1、2項を維持して自衛隊の存在を明記する安倍首相(党総裁)の提案を支持する意見と、石破茂元防衛相ら国防族を中心に、2項を削除し自衛隊の性格や目的を明確化すべきだとの意見がある。

 首相は委員席の石破氏を見て「今、石破委員がこちらを見ておられますが、まだ、2項を削除すべきだという議論もある」と述べた。出席委員らから笑いが漏れると、「私が今、申し上げたことが自民党を代表する考え方にはまだなっていない」と付け加えた。

関連ニュース

「ニュース」のランキング