産経ニュース

【名護市長選】現新一騎打ち、辺野古移設争点に号砲 2月4日投開票

ニュース 政治

記事詳細

更新

【名護市長選】
現新一騎打ち、辺野古移設争点に号砲 2月4日投開票

稲嶺進氏(左)と渡具知武豊氏 稲嶺進氏(左)と渡具知武豊氏

 米軍普天間飛行場=沖縄県宜野湾(ぎのわん)市=の同県名護市辺野古移設問題が最大の争点となる名護市長選が28日告示され、いずれも無所属で、移設反対を掲げて3選を期す現職の稲嶺進(72)=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持=と、移設を推進してきた元市議で新人の渡具知武豊(とぐちたけとよ、56)=自民、公明、維新推薦=の2氏が立候補を届け出た。2月4日に投票、即日開票される。

 早期移設を目指す安倍晋三政権と、反基地を貫く「オール沖縄」勢力を象徴する翁長雄志(おながたけし)同県知事による「代理戦争」の様相で、今秋に控える知事選の「前哨戦」に位置づけられる。

 日米両政府が普天間飛行場の返還で合意した平成8年以降、名護市長選は6回目。当初3回は辺野古移設を容認する自民党系候補が当選し、その後は稲嶺氏が制した。政府が昨年4月に護岸工事に着手した後、移設の是非をめぐる地元の民意が初めて問われる。

 稲嶺氏は28日、市内で開かれた出発式で「辺野古に新しい基地を造らせてはいけない。翁長知事と、名護市に私がいる限り埋め立ては進まない」と訴えた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 現新一騎打ち、辺野古移設争点に号砲 2月4日投開票
  • 現新一騎打ち、辺野古移設争点に号砲 2月4日投開票
  • 現新一騎打ち、辺野古移設争点に号砲 2月4日投開票
  • 現新一騎打ち、辺野古移設争点に号砲 2月4日投開票
  • 現新一騎打ち、辺野古移設争点に号砲 2月4日投開票

関連ニュース

「ニュース」のランキング