産経ニュース

日中外相会談始まる 河野太郎氏、潜水艦潜没航行に抗議 対北圧力強化へ協力要請

ニュース 政治

記事詳細

更新


日中外相会談始まる 河野太郎氏、潜水艦潜没航行に抗議 対北圧力強化へ協力要請

北京の釣魚台迎賓館で、会談前に握手する河野外相(左)と中国の王毅外相=28日(共同) 北京の釣魚台迎賓館で、会談前に握手する河野外相(左)と中国の王毅外相=28日(共同)

 【北京=杉本康士】河野太郎外相は28日、北京の釣魚台迎賓館で中国の王毅外相と会談した。河野氏は、中国海軍の潜水艦が今月中旬に尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域を潜没航行したことに直接抗議する。また、北朝鮮問題で圧力を最大限にまで高めるよう中国の協力を求める。両外相は日本での日中韓サミット早期開催や首脳間の相互訪問実現に向け協力することも確認する見通しだ。

 河野氏は、28日午後には李克強首相、中国外交担当トップの楊潔●(よう・けつち)国務委員とも会談する。

 外相会談の冒頭、王氏は河野氏の訪中を歓迎する一方、「中日関係は少なからぬ妨害にも直面している。水の流れをさかのぼって船が進むように進まなければ、後退してしまうことが常だ」と指摘した。

 河野氏は「今年は首脳の往来をはじめ、全面的な関係改善を進めていく中で、信頼関係を強化していきたい」と強調した。また「北朝鮮問題は、いまや国際社会全体にとって喫緊の課題になった」と述べた。

 河野、王両氏の会談は昨年8月のフィリピン、9月の米国に続き3回目で、日本の外相の訪中は1年9カ月ぶり。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング