産経ニュース

立憲民主党埼玉県連が初会合 26人で出発 枝野幸男氏「思っていたより多かった」

ニュース 政治

記事詳細

更新


立憲民主党埼玉県連が初会合 26人で出発 枝野幸男氏「思っていたより多かった」

県連組織の初会合であいさつする立憲民主党の枝野幸男代表=27日、さいたま市大宮区大門町(川上響撮影) 県連組織の初会合であいさつする立憲民主党の枝野幸男代表=27日、さいたま市大宮区大門町(川上響撮影)

 立憲民主党は27日、さいたま市内で県連組織「県総支部連合会」の第1回運営委員会を開いた。代表に枝野幸男衆院議員、幹事長に熊谷裕人さいたま市議、顧問に田並胤明元衆院議員と秦哲美元県議とする人事案や党の規約が承認された。県連には国会議員、地方議員ら計26人が名を連ねた。(黄金崎元、川上響)

 「思っていたよりも多かった」。県連副代表だった浅野目義英県議や井上将勝県議ら19人の民進地方議員が移籍したことについて、枝野氏は記者会見後、こう本音を漏らした。今後については「無理をしない中で、できるだけ早く多くの皆さんが参加してくれることを期待している」と記者会見で語ったが、直接的な呼びかけはしないという。

 昨年の衆院選で民進が空中分解して以来、地方議員らに混乱を招いているが、枝野氏は「国会議員以外の皆様には、中央の事情でご苦労をお掛けしている」と謝罪した上で「ぜひともに手を携えて国民の皆さんと幅広く肩を組んで進んでいきたいと思う。どうぞよろしくお願い致します」と力を込めた。

 会合で集まった地方議員からは、党活動に主体的に参加してもらう制度「立憲パートナーズ」についての質問などがあったという。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング