産経ニュース

安倍晋三首相・衆院代表質問への答弁要旨 「自衛隊員に『違憲でも命張れ』と言うのは無責任」

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍晋三首相・衆院代表質問への答弁要旨 「自衛隊員に『違憲でも命張れ』と言うのは無責任」

衆院本会議で、自民党の二階俊博幹事長の質問に答える安倍晋三首相。奥は大島理森衆院議長=24日午後、国会(斎藤良雄撮影) 衆院本会議で、自民党の二階俊博幹事長の質問に答える安倍晋三首相。奥は大島理森衆院議長=24日午後、国会(斎藤良雄撮影)

 24日の衆院本会議で行われた各党の代表質問に対する安倍晋三首相の主な答弁は次の通り。

 【憲法改正】

 自衛隊は違憲だと主張する有力な政党も存在する。自衛隊員に「君たちは憲法違反かもしれないが、命を張ってくれ」と言うのは無責任だ。各党が具体的な案を国会に持ち寄り憲法審査会で議論を前に進めていくことを期待している。

 【沖縄の米軍基地問題】

 沖縄だけが大きな基地負担を背負い、米軍の事件、事故により安全、安心が脅かされるのか。そのような県民の気持ちは真摯(しんし)に受け止めている。(住民の)安全確保は最優先課題として日米で協力して取り組む。

 【平昌五輪出席】

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談し、北朝鮮に核・ミサイル計画を放棄させるため、あらゆる方法で圧力を最大限まで高めるとの方針からぶれてはならないことを伝えたい。(慰安婦に関する平成27年の)日韓合意について日本政府の考え方を明確に伝えてくる。約束を誠実に履行していくよう働きかける。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相・衆院代表質問への答弁要旨 「自衛隊員に『違憲でも命張れ』と言うのは無責任」

「ニュース」のランキング