産経ニュース

安倍晋三首相「対北朝鮮圧力の最大化も文在寅大統領に明確に伝える」「韓国の対北人道支援再開は間違ったメッセージになる」 インタビュー詳報

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍晋三首相「対北朝鮮圧力の最大化も文在寅大統領に明確に伝える」「韓国の対北人道支援再開は間違ったメッセージになる」 インタビュー詳報

インタビューに答える安倍晋三首相=23日、首相官邸(酒巻俊介撮影) インタビューに答える安倍晋三首相=23日、首相官邸(酒巻俊介撮影)

 安倍晋三首相は、平昌五輪開会式に合わせた訪韓を表明した23日の産経新聞とのインタビューで、憲法改正をめぐっても「主役は国民だ。国民の理解が高まるよう努力する」と意欲を強調した。インタビューの詳報は以下の通り。

 

 --2月9日開会の韓国の平昌五輪・パラリンピック期間中の訪韓は

 「五輪は平和とスポーツの祭典であり、日本は2020年に東京五輪を主催する立場だ。諸般の事情が許せば開会式に出席しようと思っています。日本人選手たちを激励したい。現地で文在寅大統領とぜひ会談したい。慰安婦問題をめぐる日韓合意について、韓国側が一方的にさらなる措置を求めることは受け入れることはできません。この考え方について、大統領に直接伝えるべきだと考えています」

 「日韓合意は国と国との約束であり、日本側は約束したことはすべて誠意を持って実行しています。私は日韓合意の当事者だが、国としての約束だから、政権が代わったとしても、その責任は受け継いでいかなければならない。この普遍的、国際的な原則が崩されれば、国と国との約束は意味をなさなくなる。国際秩序は安定性を根底から失うことになる」

続きを読む

「ニュース」のランキング