産経ニュース

野党の重複質問「人工知能ではじいて」 自民・小泉進次郎氏「国会改革国会」訴え

ニュース 政治

記事詳細

更新


野党の重複質問「人工知能ではじいて」 自民・小泉進次郎氏「国会改革国会」訴え

自民党の小泉進次郎氏(斎藤良雄撮影) 自民党の小泉進次郎氏(斎藤良雄撮影)

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は通常国会が召集された22日、今国会を「国会改革国会」と命名し、首相や外相の国会質疑などの負担軽減を目指す考えを示した。野党に対しても、「本当に政権交代の意志があるかどうかを計るリトマス試験紙になる」と改革への協力を求めた。国会内で記者団に語った。

 小泉氏は、安倍晋三首相や河野太郎外相らが長時間の国会審議に縛られる現状について「7時間(予算委員会などで)座り続けることが国民の望む政治家の使い方なのか」と疑問を呈した。国会質疑の「質」についても触れ、「野党の質問に対しては真摯(しんし)に答えていくのが与党の務めだ」と述べたうえで、何度も同じような質問が繰り返されるときは、人工知能ではじいてほしい」と注文を付けた。

 自身の今年のテーマとしては「脱皮」を挙げ、「国会改革も日本の国会の当たり前の景色からの脱皮。問題意識を高めていきたい」と述べた。

関連ニュース

「ニュース」のランキング