産経ニュース

災害時の物流迅速化 通行規制の緩和など関連法を改正へ

ニュース 政治

記事詳細

更新


災害時の物流迅速化 通行規制の緩和など関連法を改正へ

 安倍晋三政権が重要政策に掲げる「生産性革命」の実現に向け、政府は19日、災害時を含めた安定的な道路物流網確保を目的とした新たな政策パッケージを創設する方針を固めた。物流上重要な幹線道路などに対し、大型トラックの通行規制緩和や災害時の復旧迅速化などを図る。ドライバーの高齢化などに伴う人手不足へ対応するほか、災害や慢性的渋滞による経済損失を最小限にとどめる。

 新政策パッケージ「重要物流道路制度」は都道府県庁や拠点空港、重要港湾など、平時や災害時の物流拠点を結ぶ幹線道路・アクセス道路について、国土交通相が「重要物流道路」に指定。必要な機能強化や支援策を実施する。22日召集の通常国会に、制度の規定を盛り込んだ道路法など関連法改正案を提出する。

 具体策の一つは大型トラックの通行規制緩和。40トン級の国際海上コンテナ車について、長さや高さなどが規定範囲内ならば通行許可を不要とする。これまでは一般に20トンを超える大型車は許可が必要だったが、取得に1カ月以上かかるケースもあり、突発的な物流需要へ対応が難しかった。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング