産経ニュース

外務省・秋葉剛男次官体制スタート 安倍晋三首相と対中観共鳴…問われる手腕

ニュース 政治

記事詳細

更新


外務省・秋葉剛男次官体制スタート 安倍晋三首相と対中観共鳴…問われる手腕

 外務省の秋葉剛男事務次官が19日就任し、新体制がスタートした。若くして将来の次官候補と目され、日米同盟重視と厳しい対中観で共鳴する安倍晋三首相の信任も厚い。日中関係改善の兆しが見える中で秋葉氏の手腕が問われている。

 「今の中国を10年前、われわれは予測していただろうか。10年後、20年後の日本のために働かなければならない」

 秋葉氏は19日に外務省で行われた次官交代式で軍事・経済両面で大国化した中国についてこう述べ、省員らに長期的な展望の重要性を訴えた。

 秋葉氏は昭和57年に入省し、総合外交政策局長や政務担当の外務審議官を歴任。平成18年には省内幹部の強硬な反対を受けながらも、中国語専門の「チャイナ・スクール」以外では異例の中国課長に就任した。

 強みは、強硬な交渉も辞さない手腕と国際法や安全保障に関する豊かな知識だ。中国課長時代は東シナ海ガス田開発をめぐり中国側に一歩も譲らず、20年6月の日中合意につなげた。首相が18年に訪中した際は「戦略的互恵的パートナーシップ」の名称を考案し、前の小泉純一郎政権で冷え込んだ日中関係の立て直しに努めた。

続きを読む

「ニュース」のランキング