産経ニュース

小池百合子都知事「平昌大会というより平壌大会」政治色強まる大会を懸念…「脅威」残存を問題視

ニュース 政治

記事詳細

更新


小池百合子都知事「平昌大会というより平壌大会」政治色強まる大会を懸念…「脅威」残存を問題視

 記者会見する東京都の小池百合子知事=19日午後、東京都庁  記者会見する東京都の小池百合子知事=19日午後、東京都庁

 東京都の小池百合子知事は19日の定例会見で、2月に行われる平昌冬季五輪への参加を北朝鮮が着々と進めていることについて、「南北融和の話が、かなり北のペースになっている。平昌大会と言うより平壌大会になるのではというくらい北朝鮮の攻勢が巧みで強い印象だ」と述べた。

 さらに、2020年東京五輪・パラリンピックのホストシティのトップの立場から、「(五輪は)基本的には平和の祭典であるべきだ。平昌大会が平和に行われて、世界が盛り上がるようにしてほしいのは誰もが思っていること」として、政治色が強まる平昌大会を懸念した。

 一方で、「ミサイル・核開発が棚上げになって、(北朝鮮に)時間稼ぎされても困る」とも指摘。平昌大会が政治利用されることの代償として、日本にとっての脅威が残存し続けることを問題視した。

「ニュース」のランキング