PR

ニュース 政治

【日豪首脳会談】安全保障協力強化で一致 対北圧力の最大化を確認

Messenger
オーストラリアのターンブル首相(左)を出迎える安倍晋三首相=18日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)
オーストラリアのターンブル首相(左)を出迎える安倍晋三首相=18日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は18日、オーストラリアのターンブル首相と首相官邸で会談した。両首脳は核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、政策を変えさせるため圧力を最大化する方針を確認し、中国の海洋進出などを念頭に安全保障協力を一層強化していくことで一致した。自衛隊と豪軍が互いの領域での運用を円滑にするための新協定「訪問部隊地位協定(VFA)」についても協議し、可能な限り早期の妥結を目指すことを確認した。

 会談後、両首脳は北朝鮮の非核化に向け、国連安全保障理事会の制裁決議の完全履行や拉致問題の解決を求めることなどを盛り込んだ共同プレス声明を発表した。声明では、南シナ海情勢について「係争のある地形の軍事目的の利用を含む現状変更や、いかなる威圧的な一方的な行動」への強い反対を表明したほか、安倍首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」の共有を確認した。

 経済分野では米国を除く11カ国による新たな環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の早期署名・発効に向けて緊密に連携することを改め確認した。日本や中国や東南アジア諸国連合(ASEAN)を含む16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)についても、質の高い協定の実現に向けて連携することで一致した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ