産経ニュース

民進・希望の統一会派構想は一転白紙に 希望の玉木雄一郎代表「申し入れてきた民進党の方が決められない…」と交渉打ち切りを宣言

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進・希望の統一会派構想は一転白紙に 希望の玉木雄一郎代表「申し入れてきた民進党の方が決められない…」と交渉打ち切りを宣言

両院議員懇談会を終え、記者団の質問に答える希望の党の玉木雄一郎代表=17日午後、国会内(斎藤良雄撮影) 両院議員懇談会を終え、記者団の質問に答える希望の党の玉木雄一郎代表=17日午後、国会内(斎藤良雄撮影)

 希望の党と民進党は17日、統一会派結成を断念した。民進党は両院議員総会で会派結成の可否を諮ったが、異論が続出したため結論を見送った。民進党の判断を受け、希望の党は緊急役員会で交渉の打ち切りを決定した。希望の党の玉木雄一郎代表はその後の両院議員懇談会で「統一会派の申し入れがあった民進党の方が決められなかった。交渉はいったん今日で終わりにしたい」と述べた。

 民進党は総会で、今後の他党との会派結成交渉は、衆院は民進党系会派「無所属の会」(代表・岡田克也常任顧問)に、参院では党執行部にそれぞれ委ねることを確認した。無所属の会は総会後の会合で、立憲民主党との統一会派を目指すことを決めた。参院では立憲民主、希望の3党での会派結成を模索する構えだ。

 ただ、立憲民主党の枝野幸男代表は他党との会派結成に否定的で、提案に応じるかは見通せない。希望の党も党内をまとめ切れなかった民進党執行部に不信感を募らせており、交渉の仕切り直しは難航しそうだ。

 玉木氏は、民進党との会派結成に反対する松沢成文参院議員団代表らのために「分党」の意向を固めていたが、会派結成構想が白紙に戻ったことから、立ち消えになった。松沢氏は引き続き希望の党で活動する意向を記者団に示した。

 統一会派が実現すれば衆参両院で野党第1会派になる公算だったが、22日召集の通常国会は、衆院は立憲民主党、参院は民進党を第1会派とする現状の構成のまま開幕する見通しだ。

このニュースの写真

  • 民進・希望の統一会派構想は一転白紙に 希望の玉木雄一郎代表「申し入れてきた民進党の方が決められない…」と交渉打ち切りを宣言

関連ニュース

「ニュース」のランキング