産経ニュース

憲法9条に「富士山」、10条に「自衛隊」 川勝平太・静岡知事が改正案

ニュース 政治

記事詳細

更新


憲法9条に「富士山」、10条に「自衛隊」 川勝平太・静岡知事が改正案

静岡県の川勝平太知事=平成25年4月、県庁(田中万紀撮影) 静岡県の川勝平太知事=平成25年4月、県庁(田中万紀撮影)

 静岡県の川勝平太知事は4日の新春記者会見で、国民の防衛と国土の防災にあたる存在として自衛隊の存在を憲法に明記すべきとの考えを示した。また、日本国民統合の象徴として「天皇」を記載した第一章に続く第二章を新たに設け、富士山を国土統合の象徴として憲法に書き込むべきと主張した。

 川勝氏は今回の考えは平成28年7月に開催された民間団体のセミナーで自身が示した憲法改正私案に即した内容だと説明。その上で、「改憲論は今避けて通れない。特に静岡県の場合、防災に対する備えの最後のとりでは自衛隊であり、(自衛隊は)国民の防衛と国土の防災の両方から必要だ」と指摘した。

 改正私案は、戦争を放棄するとした上で「ただし、世界の恒久平和が実現するまでは、国民と国土の平和と安全の維持に必要な自衛措置を取りうる。前項の目的を達するため、必要最小限の武力を保持する」と、自衛のための武力を認めている。

 川勝氏は、自衛隊を憲法にどのように書き込むかについて「集団的自衛権の問題もあり、議論がいる」としつつも、自衛隊の名称の明記については「国民、特に静岡県民が(防災で)その存在を利用している。書き込んでいい名称だ」と断言した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 憲法9条に「富士山」、10条に「自衛隊」 川勝平太・静岡知事が改正案
  • 憲法9条に「富士山」、10条に「自衛隊」 川勝平太・静岡知事が改正案

関連ニュース

「ニュース」のランキング