産経ニュース

自民新潟県連幹事長が衆院落選の金子恵美氏に苦言 「意思表示なく異常」

ニュース 政治

記事詳細

更新


自民新潟県連幹事長が衆院落選の金子恵美氏に苦言 「意思表示なく異常」

金子恵美氏 金子恵美氏

 自民党新潟県連の柄沢正三幹事長は28日、10月の衆院選で落選した同党の元衆院議員、金子恵美氏について、次期衆院選に向け本人から意思表示がないことを「異常な状態で理解に苦しむ」と述べ、苦言を呈した。県庁で記者団に答えた。

 金子氏が3選を果たせなかった衆院4区の党支部長選任をめぐり、4区の県議団は今月22日、金子氏を次期支部長として認めないとの方針を決定。一方の金子氏は自身の去就について党本部に任せるとしている。

 4区県議団は金子氏に対し、県議会定例会中の来訪を打診したものの、閉会日の22日までに返答はなかったという。柄沢氏は「4区の県議団と率直な意見交換をしてもらいたかった」とした上で「最終の裁量権は党本部にあるかもわからないが、なぜ本人が意思を表示しないのか非常に疑問に思う」と不満をみせた。

関連ニュース

「ニュース」のランキング