産経ニュース

蓮舫氏が民進党に離党届 立憲民主入党へ 立民は山尾志桜里氏ら入党承認 衆参計で野党第一党に

ニュース 政治

記事詳細

更新


蓮舫氏が民進党に離党届 立憲民主入党へ 立民は山尾志桜里氏ら入党承認 衆参計で野党第一党に

立憲民主党の枝野幸男代表(右)に入党届を提出し、握手する蓮舫民進党元代表=26日午後、国会 立憲民主党の枝野幸男代表(右)に入党届を提出し、握手する蓮舫民進党元代表=26日午後、国会

 民進党の蓮舫元代表は26日、同党に離党届を提出した後、立憲民主党の枝野幸男代表と国会内で会談し、入党届を提出した。立民は年内に開く臨時役員会などで承認する見通しだ。8月まで代表を務めていた蓮舫氏の離党は、民進党にとって大きな打撃となる。

 立憲民主党会派に所属する無所属の山尾志桜里衆院議員も26日、枝野氏に入党届を出した。立民はその後の役員会で、山尾氏と、すでに民進党を離党した風間直樹、有田芳生、江崎孝各参院議員の入党を承認した。立民の所属議員は60人(赤松広隆衆院副議長除く)となり、衆参合計で民進党を抜き野党第一党になった。

 蓮舫氏は枝野氏との会談後、記者団に「政策を明確にしているのは立憲民主党だ。心機一転、政策を実現させる活動をやりたい」と語った。ただ、最近まで党の再生を訴えていた蓮舫氏が「無責任」との批判を浴びるのは間違いない。

 一方、民進党は26日、両院議員総会と全国幹事会などの合同会議を開き、立民と希望の党に対し衆参両院での統一会派結成を持ちかけることを承認した。大塚耕平代表は、執行部が提示した3つの党改革案の絞り込みを断念する意向を表明した上で「友党との連携強化の結果として『新しい党』に移行することを視野に入れたい」と語った。

 増子輝彦幹事長は会議後、立民の福山哲郎幹事長、希望の古川元久幹事長と個別に会談して検討を求めたが、福山氏は希望を含む枠組みの会派結成を明確に拒否した。

このニュースの写真

  • 蓮舫氏が民進党に離党届 立憲民主入党へ 立民は山尾志桜里氏ら入党承認 衆参計で野党第一党に
  • 蓮舫氏が民進党に離党届 立憲民主入党へ 立民は山尾志桜里氏ら入党承認 衆参計で野党第一党に

関連トピックス

「ニュース」のランキング