産経ニュース

【安倍政権5年】長期政権、世界で存在感示す「首脳らから一目も二目も三目も置かれたよ。全然対応が違う」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安倍政権5年】
長期政権、世界で存在感示す「首脳らから一目も二目も三目も置かれたよ。全然対応が違う」

 「衆院選での大勝をお祝いする。これで、私たちの計画がすべて実現できることを期待する」

 安倍晋三首相は11月、ベトナム中部・ダナンでのロシアのプーチン大統領との会談冒頭、こう語りかけられた。衆院選の勝利で安倍内閣の継続が明確になったことで、北方領土4島での共同経済活動やその先の平和条約締結に向けて、かねて両首脳が協議を重ねてきた内容が実行に移せるというのである。

 日露首脳会談が行われたアジア太平洋経済協力会議(APEC)では、安倍首相との2国間(バイ)会談の申し込みが殺到し、各国首脳が口々に衆院選勝利と政権継続をたたえた。

 「首脳らから一目も二目も三目も置かれたよ。全然対応が違う」

 安倍首相は帰国後、周囲に振り返った。12月19日の東京都内での講演では、この時のことをこう語った。

 「海外のリーダーからみれば、選挙に勝つということは発言や約束に実行力が伴うということだ。国民の信任の大きさは外交での大きな力になる」

 停滞していた中国との関係も改善基調に入った。今年、安倍首相と中国の習近平国家主席は2回直接会談し、11月には習氏に加え李克強首相との会談も行われた。来年は李氏訪日と安倍首相訪中が実現しそうだ。

 長期政権、安定政権ならではの存在感だろう。ところが、日本では第1次安倍内閣以降、野田佳彦内閣までほぼ1年交代で首相が入れ替わっていた。それはどんな弊害を招いたか。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング