産経ニュース

【年の瀬記者ノート】群馬・衆院選で火種残した自民1区 “地元”自任の候補者3氏が当選…争いは始まっている

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【年の瀬記者ノート】
群馬・衆院選で火種残した自民1区 “地元”自任の候補者3氏が当選…争いは始まっている

選挙期間中は尾身朝子氏と中曽根康隆氏のツーショットが頻繁に見られた。ともに当選したが新たな戦いは始まっている=10月13日、前橋市(久保まりな撮影) 選挙期間中は尾身朝子氏と中曽根康隆氏のツーショットが頻繁に見られた。ともに当選したが新たな戦いは始まっている=10月13日、前橋市(久保まりな撮影)

 もともと争いが激しかった1区。尾身氏の公認が出た後も、中曽根氏や前職の佐田玄一郎氏は出馬意向を強く示した。

 中でも、「康弘大勲位の孫」「小泉進次郎氏の同期」という華やかな経歴の中曽根氏は世間からの注目度も高く、公示前に前橋市内で辻立ちをするたび、記者も「無所属で出るのか」と内心思いながら、ついて回る日々が続いた。

 結局、本部の再三の説得で比例に回ったが、中曽根氏は自民関係者にあいさつを済ませて出馬表明の会見会場に向かう途中、こうも漏らしたという。

 「やっぱり、1区で出ますって言っていいですかね」

 それほど選挙区にこだわり、「中曽根康隆に票を入れたいと思われるようになりたい」と訴える姿からは取材を通しても強い意志を感じた。特に、嘆かれている若者の政治離れに「誰がなっても同じといわれる政治を変えたい」と繰り返していたのが印象に残る。

 本人は次の衆院選について「白紙状態」としているが、周辺では「次は小選挙区で」と期待する声も根強い。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング