産経ニュース

【豊洲問題】豊洲市場の開場日、週明けにも決定 追加工事は年内に契約

ニュース 政治

記事詳細

更新

【豊洲問題】
豊洲市場の開場日、週明けにも決定 追加工事は年内に契約

記者会見する東京都の小池百合子知事=15日午後、都庁 記者会見する東京都の小池百合子知事=15日午後、都庁

 築地市場(東京都中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題で、小池百合子知事は15日、豊洲の追加対策工事の入札2件が落札されたことを明かし、年内に全契約が成立するとの見通しを示した。業界団体から豊洲開場日を決定する協議会開催の要請があったとし、来週中に開く方針も表明。関係者によると、早ければ週明けになる見通し。

 小池氏は「入札を含め一歩一歩前に進め、開場日程を決める段取りが整った」と述べ、市場問題の前進をアピールした。

 この日落札されたのは、水産仲卸売場棟の地下空洞へのコンクリート敷設工事(落札率98.8%)、換気設備の導入工事(同94.4%)。全9件中、落札に至っていない1件は随意契約に切り替え、年内の契約締結に向け調整を進める。

 11日落札の3件の落札率が99.7~100%となったことをめぐり、小池氏は移転時期に間に合わせるという時間的制約の中で予定価格の事前公表に踏み切ったことに言及。「適正な手続きで進めた。豊洲の工事は極めて特殊な環境の中で行われた」と強調した。

 都と業界団体は開場日を来年10月11日にする方向で調整。当初は今年11月の協議会で決定予定だったが、関係者間の調整が難航して延期されていた。

「ニュース」のランキング