産経ニュース

【閣僚資産公開】麻生副総理、最多5億円超 資産平均は9259万円 第4次安倍内閣

ニュース 政治

記事詳細

更新

【閣僚資産公開】
麻生副総理、最多5億円超 資産平均は9259万円 第4次安倍内閣

 安倍晋三首相と閣僚の計20人は15日、11月の第4次安倍内閣発足時の保有資産を公開した。家族分を含めた総資産は、麻生太郎副総理兼財務相が5億2303万円で最も多かった。内閣全体の平均は9259万円。1億円を超えたのは1億396万円の首相を含めて5人だった。

 内閣改造で留任した際には公開対象にならないため、この制度下での首相と麻生氏、菅義偉官房長官の資産公開は約2年10カ月ぶり。この間に麻生氏は3175万円、菅氏は17万円増えた。首相は132万円減った。いずれも不動産価値の変動が主な要因だった。

 総資産額の平均は、平成26年12月の第3次安倍内閣発足時の8782万円と比べると477万円多かった。閣僚本人の資産平均は6638万円だった。

 家族分を含めて16人が株式を保有。総資産額には算入されないため、実際の資産は公開額を上回る。

 麻生氏は、自宅のある東京都渋谷区や地元の福岡県飯塚市、長野県軽井沢町の不動産が目立った。2位は野田聖子総務相の1億9192万円で、夫が米ハワイ州ホノルル市に所有する住宅が大部分を占めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 麻生副総理、最多5億円超 資産平均は9259万円 第4次安倍内閣
  • 麻生副総理、最多5億円超 資産平均は9259万円 第4次安倍内閣
  • 麻生副総理、最多5億円超 資産平均は9259万円 第4次安倍内閣

「ニュース」のランキング