産経ニュース

2球場にヤクルト監督退任の真中満さんの名前 出身の栃木・大田原市

ニュース 政治

記事詳細

更新


2球場にヤクルト監督退任の真中満さんの名前 出身の栃木・大田原市

最終戦セレモニーの挨拶で涙ぐむヤクルト・真中満監督(当時)=10月3日、東京都新宿区の神宮球場(撮影・大橋純人) 最終戦セレモニーの挨拶で涙ぐむヤクルト・真中満監督(当時)=10月3日、東京都新宿区の神宮球場(撮影・大橋純人)

 栃木県大田原市は14日、今季限りでプロ野球・ヤクルトの監督を退任した真中満さん(46)の功績をたたえるため、美原公園第2球場(同市美原)の愛称を「真中満記念球場」とすると発表した。24日に同球場に真中さんを迎え、命名式と野球教室を開く。

 真中さんは同市出身。大田原中学校時代は同球場で練習していた。植竹福二市教育長は同日の記者会見で「偉大な功績をたたえると共に市民の誇りとして永く後世に伝えるために命名した」と述べた。

 真中さんは同市スポーツ功労大賞の初の受賞者。また、同賞2人目の受賞者となったリオデジャネイロ五輪競泳女子で入賞した同市出身の清水咲子選手(25)=ミキハウス=についても市立黒羽中学校屋内プールの愛称を「清水咲子記念プール」と命名することを決めた。来年1月、清水選手を迎え、銘板の除幕式を開く。

関連ニュース

「ニュース」のランキング