産経ニュース

【米軍ヘリ窓落下】翁長雄志・沖縄県知事「印象操作」だ 普天間の危険性除去めぐり政府・与党批判

ニュース 政治

記事詳細

更新

【米軍ヘリ窓落下】
翁長雄志・沖縄県知事「印象操作」だ 普天間の危険性除去めぐり政府・与党批判

沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小学校前で、記者の取材に応じる翁長雄志知事=13日午後 沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小学校前で、記者の取材に応じる翁長雄志知事=13日午後

 沖縄県の翁長雄志知事は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のヘリコプターの窓が小学校校庭に落下した事故にからみ、政府・与党が危険性除去のため普天間飛行場の同県名護市辺野古への移設を急ぐべきだとしていることについて「印象操作だ」と述べた。外務省で佐藤正久副大臣と面会後に記者団に語った。

 翁長氏は佐藤氏との会談で、原因究明と再発防止策の徹底を米側に求めるよう申し入れた。「日本政府の当事者能力を疑う」とも批判した。これに対し、佐藤氏は今回の事故について「外務省としても遺憾だ」と述べ、あらゆるルートを通じて米側に申し入れていることを説明した。

「ニュース」のランキング