産経ニュース

【参院予算委員会】集団的自衛権の解釈維持 安倍晋三首相、自衛隊明記改憲案

ニュース 政治

記事詳細

更新

【参院予算委員会】
集団的自衛権の解釈維持 安倍晋三首相、自衛隊明記改憲案

参院予算委員会に臨む安倍晋三首相(左)と麻生太郎副総理兼財務相=30日午前、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影) 参院予算委員会に臨む安倍晋三首相(左)と麻生太郎副総理兼財務相=30日午前、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は30日の参院予算委員会で、憲法9条に自衛隊の存在を明記する自身の改憲案に関し「(9条)1項、2項の制約がある中で、集団的自衛権を一部容認する(憲法)解釈変更をした。それはそのままだ」と明言した。安全保障関連法で容認した集団的自衛権行使の解釈を維持するとの認識を示した発言。

 立憲民主党など野党は、安保関連法を前提とした改憲に反対しており、首相発言へ反発が出そうだ。憲法9条は1項で戦争放棄、2項で戦力不保持などを定めている。

 希望の会(自由・社民)の福島瑞穂氏への答弁。福島氏は、憲法への自衛隊明記について「9条1項、2項を完全に破壊する」と主張した。

「ニュース」のランキング