産経ニュース

横浜中華街の“不適切ごみ”なくそう ごみ集積所を一旦廃止、花壇設置

ニュース 政治

記事詳細

更新


横浜中華街の“不適切ごみ”なくそう ごみ集積所を一旦廃止、花壇設置

山下町公園前のごみ集積場を廃止し、花壇が置かれた=横浜市(那須慎一撮影) 山下町公園前のごみ集積場を廃止し、花壇が置かれた=横浜市(那須慎一撮影)

 横浜中華街の美観を損ねる“不適切ごみ”をなくせ-。横浜市などは、中華街で住民や観光客の憩いの場となっている山下町公園前のごみ集積所を廃止し、周辺の美化を図る社会実験を開始した。同集積所には、家庭ごみ以外のルールを無視した事業系ごみや観光客の飲食物などが無秩序に捨てられ、「朝は歩けないほど」(山下町町内会)ごみが山積みとなる状況が10年近く続いてきた。今回、思い切って廃止することで、店舗や住宅が混在する有名観光地ゆえの課題解決につながるか注目が集まる。(那須慎一)

 「不適切なごみはだいたい夜中に捨てられ、ハトやカラスがごみをつつき、朝が一番汚い状況が続いてきた」

 長年、ごみ問題に悩まされてきた同町内会の栗田繁夫会長は、こう語る。これまでも、町内会のメンバーらで夜間巡回をするなど、解決策を模索してきたが、「ついに限界に来た」(木村友之・市資源循環局中事務所長)という。

 別の場所に集積所新設

 そこで市は、来年3月末まで期限を区切って一旦、同集積所を廃止する社会実験を行っている。まず2週間は午前9時から午後5時まで職員が交代で状況確認をするとともに、廃止を知らずに捨てに来た人には、チラシなどを渡して周知を図っている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 横浜中華街の“不適切ごみ”なくそう ごみ集積所を一旦廃止、花壇設置

「ニュース」のランキング