産経ニュース

ヘイトスピーチ事前規制 表現の自由に残る懸念

ニュース 政治

記事詳細

更新


ヘイトスピーチ事前規制 表現の自由に残る懸念

 川崎市のヘイトスピーチを事前規制するガイドラインでは、表現の自由への過度な制約とならないよう配慮することを明記しているが、判断の際に公平性や透明性が担保されるかどうかに対する懸念は残る。

 ガイドラインでは、不許可や許可取り消しの判断をするケースについて、他の利用者に著しく迷惑を及ぼす危険が明白な場合に限定した上で、市による恣意(しい)的な運用を懸念する声に配慮し、事前に第三者機関から意見を聴くことも決めた。ただ、どういったケースが不許可対象となるのか具体例などは示されていない。

 中央大非常勤講師の服部孝章氏(メディア法)は「第三者機関の委員の人選はしっかりとやるべきで、(第三者機関内での)議論の過程も見えるようにしないと意味がない」と注文を付けた。

「ニュース」のランキング