産経ニュース

【谷山雄二朗の「バカもん英語塾」(12)】Great、Very大好き トランプ大統領を名誉塾長に

ニュース 政治

記事詳細

更新

【谷山雄二朗の「バカもん英語塾」(12)】
Great、Very大好き トランプ大統領を名誉塾長に

谷山雄二朗氏 谷山雄二朗氏

Trump: “Matsuyama is a great golfer. Shinzo plays very well

too. But I am better”

 ドナルド・トランプ米国大統領の英語は日本人にとって最高の教科書である。

同氏の初来日を記念し、その理由を8つ挙げてみよう。

1.声がでかい。外国人とのコミュニケーションにおいて、小さな声では伝わらない。

2.態度がでかい。大言壮語な面も否めないが、国際舞台では同氏のように原稿など無視し手振り身振り喋った方がインパクトがあっていい。国連で原稿を棒読みするだけの日本人など論外

3.小学校で教える英単語を愛用。ちなみにネットでは、同氏が小4レヴェルだと指摘す

る声が多い。

4.Great と Very が大好き。どこでも連発。Make America Great Againとか、Ivanka is very pretty など、難しい単語など不要であることを教えてくれる。

5.あだ名を勝手につける。金正恩は、ご存知 ”Rocket Man”、ヒラリーは、”Crooked Hillary” (悪徳ヒラリー),マルコ・ルビオ上院議員は“Little Marco”(小さなマルコ坊や)。

続きを読む

「ニュース」のランキング