産経ニュース

【トランプ氏来日】日米首脳、対北「最大限の圧力」で一致 安倍晋三首相、35団体・個人の資産凍結表明 中国念頭に「インド太平洋」戦略共有

ニュース 政治

記事詳細

更新

【トランプ氏来日】
日米首脳、対北「最大限の圧力」で一致 安倍晋三首相、35団体・個人の資産凍結表明 中国念頭に「インド太平洋」戦略共有

共同記者会見を終え、米国のトランプ大統領(左)と握手する安倍晋三首相=6日午後、東京都港区の迎賓館(代表撮影) 共同記者会見を終え、米国のトランプ大統領(左)と握手する安倍晋三首相=6日午後、東京都港区の迎賓館(代表撮影)

 安倍晋三首相は6日、トランプ米大統領と東京・元赤坂の迎賓館で会談し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に「最大限の圧力をかける」との方針を確認した。首相は日本独自の追加制裁として北朝鮮の35団体・個人の資産凍結を7日に閣議決定すると伝えた。両首脳は、中国の一方的な海洋進出を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」に向けた戦略の共有でも一致した。

 両首脳の会談は今回で5回目。6日はワーキングランチ、首脳会談をこなし、同日夜には迎賓館で首相夫妻主催の晩餐(ばんさん)会も行った。

 北朝鮮をめぐっては、首相が米国の「あらゆる選択肢がテーブルの上にある」との方針に改めて支持を表明。両首脳は「今は対話のときではない」との認識や、日米韓3カ国の連携の重要性を確認した。中国による圧力強化を歓迎した上で「さらに大きな役割を果たすことが重要」とした。

 大統領は記者会見で「われわれは北朝鮮からの非常に危険な挑発行為に立ち向かわなければならない」と述べ、北朝鮮への軍事行動の可能性に言及した。

 両首脳は「自由で開かれたインド太平洋」に関し、法の支配、航行の自由の定着▽インフラ整備など連結性向上による経済的繁栄▽地域国の沿岸警備隊の能力構築支援-の3分野に取り組むことで合意。関係閣僚に具体化を指示した。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「ニュース」のランキング