産経ニュース

宮古島陸自駐屯地、年内に着工へ 防衛省、30年度末の警備隊配備目指す

ニュース 政治

記事詳細

更新


宮古島陸自駐屯地、年内に着工へ 防衛省、30年度末の警備隊配備目指す

 防衛省は3日、沖縄県の宮古島(宮古島市)への陸上自衛隊警備部隊・ミサイル部隊の配備計画をめぐり、年内に駐屯地の建設工事に着手する方針を固めた。平成30年度末の警備隊配備に向けて、31年2月末までの完成を目指す。昨年3月の同県与那国島(与那国町)への陸自沿岸監視隊配備に続くもので、宮古島では初の実戦部隊の拠点となる。同省は、ミサイル部隊配備をめぐる地元地権者との調整も急ぎ、中国の軍事的脅威に備えた南西防衛の強化を図る。

 宮古島陸自駐屯地をめぐっては、当初今夏にも着工する計画だった。建設予定地の全地権者との売買・賃貸借契約が遅れていたが、10月上旬に契約の締結を終えた。

 沖縄本島より西は陸自が配備されていない防衛の空白地帯だった。このため防衛省は、与那国島に沿岸監視隊を配置したのに続き、離島侵攻や災害時に初動対処にあたる警備隊と、地対空・地対艦ミサイルの部隊を宮古島と石垣島(石垣市)にそれぞれ置く計画を進めている。宮古島には32年度中に地対空ミサイル部隊を配備し、管理部隊を含めて総勢800人規模の態勢を整えたい考えだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 宮古島陸自駐屯地、年内に着工へ 防衛省、30年度末の警備隊配備目指す

関連ニュース

「ニュース」のランキング