産経ニュース

自民党が11月1日召集の特別国会の会期8日間を再提案 野党が反発し再協議へ

ニュース 政治

記事詳細

更新


自民党が11月1日召集の特別国会の会期8日間を再提案 野党が反発し再協議へ

会談に臨む自民・森山(右)、立憲民主・辻元の両党国対委員長=31日午前、国会 会談に臨む自民・森山(右)、立憲民主・辻元の両党国対委員長=31日午前、国会

 衆院各派協議会は31日、11月1日召集の特別国会の会期について国会内で断続的に協議した。自民党が8日までとしたいと従来の方針を改めて提案。立憲民主、希望、共産など野党各党は「承服できない」と反発し、1日午前に再度、協議することになった。

 協議会では、自民党の石田真敏衆院議員が、野党が少なくとも30日間の実質審議を求めていることについて「模索を続ける」と述べ、会期延長で対応する考えも示唆した。

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は協議会後、「森友学園や加計学園問題からこれ以上、逃げて審議をしないのは考えられない」と記者団に述べ、政府、与党の対応を批判した。

「ニュース」のランキング