産経ニュース

【衆院選】希望・小池百合子代表「私は都政に邁進する」 改めて衆院選不振を謝罪

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
希望・小池百合子代表「私は都政に邁進する」 改めて衆院選不振を謝罪

希望の党の両院議員懇談会を終え、報道陣の取材に応じる小池百合子代表=25日午後、東京・永田町の衆院第1議員会館(宮崎瑞穂撮影) 希望の党の両院議員懇談会を終え、報道陣の取材に応じる小池百合子代表=25日午後、東京・永田町の衆院第1議員会館(宮崎瑞穂撮影)

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は25日、衆院選後初めて開いた両院議員懇談会で、候補者の選考過程で民進党左派を「排除する」と述べたことについて「多くの方々を傷つけてしまった」と改めて謝罪した。

 懇談会では、逆風のきっかけとなった小池氏の「排除の論理」への批判が相次ぎ、引責辞任を求める声も出た。ただ、小池氏は会合後、記者団に「創業者としての責任がある」と述べ、続投する考えを強調した。

 また、国政を担当する共同代表ら執行部人事に関しては「一致団結して活動できる態勢を自ら見いだしてほしい」として、国会議員側に一任。「私は都政に邁進したい。国政は国会議員に委ねる」とも語り、党運営から引く考えも示した。

 今後、樽床伸二代表代行らが中心となって、執行部人事や首相指名候補などを調整する。

関連トピックス

「ニュース」のランキング