産経ニュース

【衆院選】宮城県知事選 仙台市選管またしてもミス 確定は翌朝、一票無駄に

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
宮城県知事選 仙台市選管またしてもミス 確定は翌朝、一票無駄に

7月に行われた市長選では集計ミスがあり、開票作業は深夜までずれこんだ=7月24日未明、仙台市泉区の七北田公園体育館(林修太郎撮影) 7月に行われた市長選では集計ミスがあり、開票作業は深夜までずれこんだ=7月24日未明、仙台市泉区の七北田公園体育館(林修太郎撮影)

 ミスはまたしても繰り返された。22日に投開票が行われた衆院選と宮城県知事選。仙台市選挙管理委員会が集計ミスによる確認作業に手間取るなどして、同市青葉区では衆院選と知事選の確定時刻は23日午前10時台になり、掲げていた目標時間を大幅に超過した。不在者投票の送り先を間違えて、一票が失われる失態もあった。過去には白票を水増しする事件もあったが、反省は生かされていない。

 「仙台市の選管が他よりも劣っていたり、何か特別な問題を抱えていたりしているとは認識していない」

 23日の記者会見で郡和子市長はこう語った。しかし、ダブル選挙となったほか、区割り変更や台風の影響があったとしても、お粗末なミスが続いた。

 市選管によると、衆院選では23日未明、青葉区分の開票作業中、実際の投票数が各投票所が投票者数を記す「投票録」より3票多いことが判明。投票録に集計数字を記載する際の記入ミスによるもので、確認に手間取ったという。県知事選でも実際の票が投票録より5票多かったため点検するなどした。

 また、青葉区選管は、新潟市中央区の選挙権を持つ男性が行った不在者投票を誤って東京都の新宿区選管に送付。男性の票は投票終了までに本来の選管には到着せず、無効となった。

続きを読む

「ニュース」のランキング