産経ニュース

【衆院選】「排除、強すぎた」「ひきょう者とののしられた」希望結成メンバーが次々落選

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院選】
「排除、強すぎた」「ひきょう者とののしられた」希望結成メンバーが次々落選

希望の党の若狭勝氏の事務所で開票の推移を見守る支持者ら=22日夜、東京・池袋 希望の党の若狭勝氏の事務所で開票の推移を見守る支持者ら=22日夜、東京・池袋

 小池百合子東京都知事が率いる希望の党は、小池氏のお膝元・東京で立候補した結成メンバーですら次々に落選した。

 「『排除』は強すぎる言葉だった。これで有権者が希望ではなく立憲民主党に流れた面は否めないと思う」。小池氏の側近で、東京10区で落選した前職若狭勝氏は22日深夜、事務所で会見。淡々とした表情で、民進党議員の希望入りを巡る小池氏の発言が自身を含む希望候補の苦戦につながったとの見方を示した。

 「都議選のときは3倍の人数がいたのに。かなり厳しい」。東京5区で落選した前職、福田峰之氏の選対関係者は選挙戦中盤、小池氏が駆け付けた街頭演説で聴衆がまばらなことを嘆いた。

 福田氏は選挙直前、自民党を離党して希望入りした。過去3回の当選は、いずれも小選挙区(神奈川8区)で敗れ比例復活。離党の際、選挙目当てではと問われると「政策の実現には議員になることが重要だ」と答えた。しかし今回の選挙戦では、街頭でビラを配っても「いらねーよ」と声を荒らげられ「ひきょう者」とののしられた。

「ニュース」のランキング